好きなゲームはWizardryです。
<< March 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
PROFILE
profilephoto
管理人: ▼ニコ生やってます▼
団生 〜団長のナマでダラダラトーキン〜
SEARCH
RECOMMEND
ザナドゥコンプリートコレクション with マップ&データ ([バラエティ])
ザナドゥコンプリートコレクション with マップ&データ ([バラエティ]) (JUGEMレビュー »)
GA文庫編集部編
完全受注品ですが、Amazonには正規品が納品されているみたいです。在庫数は多くないと思われますので、欲しいと思った方は迷わずご購入を! ゲーム本体は言わずもがな、マップ&データーも見やすく、ザナドゥグッズとしてのコレクション性も高いです。
RECOMMEND
Fallout 4
Fallout 4 (JUGEMレビュー »)

次世代機のグラフィック能力により、より世界が汚くなりました(褒め言葉)。今回はジャンクを集めてハウジングをしたり、よりサバイバルベースの拡張がされているため、より広い遊びができそうです。
RECOMMEND
キミとボクのミライ 〜GRANBLUE FANTASY〜
キミとボクのミライ 〜GRANBLUE FANTASY〜 (JUGEMレビュー »)
歌:ジータ(CV.金元寿子)、ルリア(CV.東山奈央)、ヴィーラ(CV.今井麻美)、マリー(CV.長谷川明子)
CDはオマケです。メインはジータ用のアイドルスキンですw グラブルはジータが一番カワイイ!と思ってる人は絶対買ってください! あなたのジータが際どいミニスカ姿のアイドルに変身します。スパスタ使うのが楽しくなっちゃいます!
RECOMMEND
グランブルーファンタジー・クロニクル vol.00
グランブルーファンタジー・クロニクル vol.00 (JUGEMレビュー »)
CRMブックス
クロニクルガチャチケットとエリクシールとソウルパウダー各2個、この本でしか貰えない[嵐神]ティアマット(SR)がついてきます。税込み900円で、これだけゲーム内付録がついてくるのでオトクですね!
RECOMMEND
レジェンド オブ レガシー
レジェンド オブ レガシー (JUGEMレビュー »)

ロマサガの再来!と煽りに煽ったゲームでしたが、戦闘システムや育成システムをリスペクトしているだけの別ゲームです。いろいろと荒削りで残念な作品。でもつい遊んでしまう変な魅力はあります。
LINKS

スポンサーサイト
0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    | スポンサードリンク | - | - | - |
    ゴシックは魔法乙女、はじめました!
    0
      先週出たばかりのXperiaZ4に機種変した団長。
      これまでのスマホではちょっと動きが怪しい、動かないアプリなど、大喜びでバカスカGoogleStoreでDLしまくっていました。

      CAVEのシューティングゲーム(以下STG)が大好きで、それが大半の理由でXbox360を所持している団長としては、当然ながらゴシックは魔法乙女はマストアプリなわけで、機種変した直後に大喜びでダウンロード。それから昨日に至るまで通勤時や休み時間に遊びまくっておりました。

      しかし、残念ながら一週間にしてジャイロセンサーが故障するというトラブルが発生…。
      購入したアキヨド(ヨドバシアキバ)に持ち込んだら、購入間近ということもあり、同一機種の交換対応してくれるということになり、スマホ的にはトラブル解決だったのですが、ゴシックは魔法乙女はGoogleアカウントでセーブデーターを共有してくれるということはなく、機種変の際にはデーター引き継ぎ用のコードを前の機種で発行し、それを入力することで行うシステムになっていました。



      すでに前の機種はアキヨドに返してしまった手前、ここ一週間の頑張りは本当の意味でリセットとなってしまいました…。
      でも、たった一週間の成果がリセットされたくらいで、団長の魔法乙女熱は冷めません! むしろ、この一週間で培った経験とスキルを元に、再度やり直そうとケツイしました! 絆地獄ならぬ機種変地獄です! とんでもない縦穴がありそうな気配ですね!



      そんなわけで、あらためてゴシックは魔法乙女の紹介です。

      ゴシックは魔法乙女は、ゴシック(ロリータ)的な世界観で好評だった同社のデススマイルズというSTGと世界観を同じくし(イベントでもデススマイルズのキャラが出演するなどしています)、魅力的なアートディレクションを踏襲しつつも、(CAVEにしては珍しく)初心者にも楽しく遊べるゲームとなっています。

      これまでのCAVEのゲームはアーケードでのリリースを踏まえたインカム重視のゲームでしたが、ソーシャルゲームはアーケードゲームとは違い、時間当たりの客単価よりも継続して遊ばせることで集金をするロングテール型のビジネスとなります。

      アーケードゲームは身も蓋もない言い方をすれば、同じ100円で遊んでもらえるなら短い時間に席を立ってもらったほうがお店としては効率がいいわけです。格闘ゲームがもてはやされたのも、一回の対戦にかかる時間が非常に短く、客の回転が早かったためです。
      それにあわせ、STGも高難易度かしていったわけですが、これがSTGプレーヤーの先鋭化につながり、ジャンルとして廃れるきっかけになったのは今更説明する必要もありませんね。

      CAVEはその高難易度STG、すなわち弾幕STGの雄として、STGゲーマーに愛されてきたメーカーでした。
      しかし、自社の高難易度ゲームの方向性とは別のシリーズラインを持とうと、(CAVEにしては)低難易度とゴスロリの世界感をひさげて登場したのが、本作と世界感を同じくするデススマイルズでした。
      デススマイルズはCAVEの目論見どおり、これまでSTGをやりたくても遊べなかった層を若干取り込むことに成功しました。

      が、それがSTG界の救世主になったのか、というとそうでもなく、デススマイルズはドット絵からポリゴンに置き換わった兇出たのを最後にシリーズが終わってしまいます。
      またCAVE自身も自社の看板タイトル「怒首領蜂最大往生」を最後にアーケードゲームから撤退(一応、NESiCAxLive向けに「赤い刀 真」がありますが、自社リリース作品としては最大往生が最後だろうという認識です)。家庭用ゲーム機も同作を2013年にリリースしたのを最後に撤退してしまいました。

      現在のSTG界も、ピンチですで有名なトライアングルサービスやグレフやガルチ、また個人的には良作揃いだと思っているQuteなど頑張っているとは思いますが、ビジネスラインとして苦しい状況なのは間違いがないわけです。

      CAVEのアーケード撤退は、かろうじて残っていたオアシスまでも砂の波に呑まれたような、冷たい現実をゲーム業界とSTGゲーマーに突きつけたわけです。

      しかし、CAVEはゴシックは魔法乙女をひっさげて、STGの世界に帰ってきました。

      ソシャゲならインカムを気にすることなく、「絶対殺す!」と言わんばかりの弾幕を張り出す必要もなく、結果「初心者お断り」の難易度にする必要もありません。
      遊ぶ人の腕や意識に合わせて、幅広い難易度を提供すればいいだけです。収益は1回のゲーム料でなく、長く遊んでもらう中で生まれるシンパシーによって生まれるものなのですから。

      新ステージが解放されるたびに、一番簡単なEasyからステージの攻略が始まるのですが、Easyは敵が弾を撃たないくらいの難易度です。弾幕なにそれ?みたいなカンジです。
      STGにはじめて触れる人も、スワイプでキャラを動かしながら、敵に当たらないように攻撃すればクリアできる…という、本当にEasyな仕様になっています。だからといってSTGゲーマーが遊んでつまらないわけでもなく、ステージに必ず山場を作るのはさすがCAVE、STGメーカーの面目躍如といったところでしょう。

      このゲームについては、語りたいことがたくさんあるのですが、それはまた次の機会に!


      やりなおしたら、最初のガチャで★4のキャラ貰えました!ラッキー!

      JUGEMテーマ:ゴシックは魔法乙女〜さっさと契約しなさい!
      | 団長 | ゴシックは魔法乙女 | comments(0) | - |